今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

ED治療薬の副作用に関するよくある質問(Q&A)

ED治療薬の主な副作用は何ですか?

バイアグラシアリスレビトラなどED治療薬はどれもPDE5阻害薬という薬の仲間で副作用も多くが共通しています。そのおもなものは、血管拡張作用にともなう「ほてり」「顔の紅潮」「頭痛」「鼻づまり」「頭痛」などです。

これらの副作用のどれかが出る確率は数十%と高確率ですが、その程度はほとんどが軽微で、服用に慣れるとしだいに軽減します。その他、1%未満の確率出る副作用としては、「消化不良」「めまい」「動悸」などがあります。

薬の種類や成分の配合量によっても副作用の出かたに違いがあります。バイアグラでは物が青味がかって見える彩視症の頻度が、シアリスでは筋肉痛の頻度がやや高めになっています。

副作用は人それぞれの薬との相性が大きく関係するので、バイアグラで副作用が気になる場合はレビトラまたはシアリスに変えてみるなど、いろいろ試してみるとよいでしょう。一般的には、長時間作動型のシアリスは効き目がおだやかで副作用が少ないといわれています。

ED治療薬で腹上死することがあるんですか?

1998年のバイアグラの発売は、効果抜群の勃起の薬として世界的なセンセーションを巻き起こしました。薬の売上高も空前の額になったといいます。そのセンセーションをさらにカラフルに彩ったのが、バイアグラの服用による腹上死の噂です。

それから15年余りが過ぎて、レビトラシアリスなどの新しいED治療薬ができた現在も、バイアグラは、あるいはED治療薬は心臓に負担をかけると思っている人は少なくありません。

しかし、その思い込みには根拠がありません。バイアグラはもともと狭心症の治療薬として開発がすすめられていたもので、その治験の過程で勃起力の改善という「副作用」が発見されました。バイアグラには心臓の負担を軽くする作用はあっても、負担をかけることはないのです。

では、なぜ発売当初に「バイアグラで腹上死」という噂が飛び交ったのでしょうか。考えられる理由の1つは、セックス自体がある程度心臓に負担をかける行為だということです。

たとえば、医師に性行為を禁じられているような心臓病の患者さんが、バイアグラを服用してみごとに勃起したとします。そこで、せっかくだからとセックスをして、その結果不幸にして心停止という事故が起こったとしても、それはバイアグラのせいとは言えません。

もう1つの「事故原因」は、併用禁忌薬物の硝酸剤(ニトログリセリン)を服用している人がバイアグラを使用することです。硝酸剤も狭心症の治療に使われる薬で、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬と併用すると血圧が下がりすぎて重大な結果になる場合があります。

2012年にアメリカFDA(食品医薬品局)が発表した、ED治療薬の最近10年間の副作用報告でも、ED治療薬と心臓突然死の因果関係は否定されています。

ED治療薬の副作用は徐々に減ると効きましたが

ED治療薬の使い初めはほてりや鼻づまり、軽い頭痛など主要な副作用が出やすく、通常は体がED治療薬の成分に慣れるにしたがって副作用が徐々に軽減されて気にならなくなります。ただしED治療薬の血管拡張の作用で顔や体の火照りは効果が出ているしるしで、慣れても継続して出やすい副作用です。

血行が良くなっている証拠でもあり、逆にほてりが現れないとED治療薬が効いているのか不安だと言う男性も多くいらっしゃいます。

ED治療薬の服用量と副作用は比例しますか?

はい、副作用の加減は服用量にある程度は比例するため、初回やED治療薬の使い初めは1錠まるまる服用せずに半分や1/4錠で効果と副作用をみながら調整します。またマスターベーションにED治療薬を服用する場合はセックス時に使う用量の半分ほどで良いかもしれません。

マスターベーションはセックスよりもプレッシャーがなく、リラックスして行えるため勃起しやすい精神状態になります。

シアリス系は副作用が一番低いと効きましたが?

はい、バイアグラレビトラシアリスの中で一番副作用が低いのがタダラフィル成分のシアリスで、ジェネリックのタダシップ、タダリスなども同等です。シアリス系の成分は効き目が緩やかで、ED治療の効果が現れるまで1時間から長い場合3時間ほどかかります。

シアリス系は作用が半分(10㎎)で24時間ほど、1錠(20㎎)だと36時間ほどと非常に長く効くため、余裕をもって性行為の3時間ほど前に服用しておきます。シアリス系は副作用が低い反面、バイアグラやレビトラと比較すると勃起力が若干低いため、シアリス系で勃起力が不十分と感じる男性はバイアグラ、レビトラおよびそのジェネリックED薬が検討できます。

ページトップへ戻る≫