今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

EDと早漏に関するよくある質問(Q&A)

ED治療薬は早漏にも効果があると効きましたが?

ED治療薬には、勃起をサポートする効果の他に、早漏を改善する効果もあることが知られています。EDを発症した人の約30%に早漏の傾向も発生するといわれています。

そのような早漏にED治療薬が効果を示すのは当然ですが、とくに原因が見当たらないのにつねに早漏ぎみという終生早漏にもED治療薬が効果があるという実験結果が報告されています。

これは2011年にイギリスの専門誌で発表されたもので、終生早漏の人80人を①バイアグラ50mg ②シアリス20mg ③レビトラ10mg ④プラセボ(偽薬)を服用する20名ずつの4つのグループに分けて実験を行ないました。

参加者はそれぞれのED治療薬を服用して、セクシャルなビデオを観ながら医療用のバイブレータを使用してオナニーするという実験です。勃起してから射精までの時間の平均を計ると、時間が延長する効果が大きかったものから、次のような順序になりました。

  1. レビトラ10mg群  平均82.5秒
  2. シアリス20mg群  平均70.0秒
  3. バイアグラ50mg群 平均53.5秒
  4. プラセボ群     平均48.5秒

ここで注目されるのはレビトラが成分の配合量が少ない10mg錠でももっとも効果が起き買ったということです。20mg錠ならさらに大きな効果が期待できます。同じことはバイアグラについても言えて、100mg錠なら効果もより大きくなると思われます。

インド製のED治療薬のジェネリックには、現在唯一早漏治療薬として認められているダポキセチンを同時に配合しているものがあり、早漏改善効果は当然さらに大きくなります。シルデナフィル+ダポキセチンあるいはバルデナフィル+ダポキセチンタダラフィル+ダポキセチンの3タイプがあります。

最近ED気味で同時に早漏傾向があります

早漏には大きく分けて2タイプあり、一つ目は若いころからずっと早漏症でセックス経験を積んでも解消しない早漏と、二つ目は、昔は早漏じゃなかったが最近ペニスの硬さが低下しているとともに早く射精するようになったという早漏です。

2つ目の早漏症は勃起度の低下による早漏です。勃起硬度が落ちると射精到達までの時間が早まり、十分快感を溜めこむまでに反射的に射精感が訪れることがあります。ED治療薬で勃起硬度が高まると普段より長くセックスが可能になるのは勃起の硬さが早漏症と関係があるためです。

昔から早漏だったという男性も、初期EDとともに早漏になった男性もダポキセチン配合の早漏治療薬が効果的です。

早漏だけでなく勃起力も落ちて中折れする、しっかり勃起しない男性はダポキセチンとED治療薬の成分が配合された以下のお薬などが良いでしょう。

服用タイプの早漏治療薬はありますか?

脳内ホルモンのセロトニンに作用するダポキセチンという成分が早漏の改善に効果があることが分り、世界各国で承認されています。日本では未承認ですが、2012年に厚生労働省が輸入を許可しました。商品名は「プリリジー」やジェネリックの「ポゼット」などです。

ダポキセチンはうつ病の治療薬として使用されるSSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)の1種で、脳内のセロトニン濃度を高めることで交感神経の興奮を鎮静させて、早すぎる射精反射を抑制する効果があります。

以前は同じSSRIの抗うつ剤パキシルが早漏予防の目的で使われることがありましたが、効果が強く副作用が少ないダポキセチンが開発されてからは、早漏治療薬といえばダポキセチンを指すようになりました。ダポキセチンは超短時間作動型のSSRIで、服用による依存性が出ないのがメリットです。

承認時の臨床試験では、ダポキセチンを服用した場合の挿入から射精までの時間の平均は次の通りでした。

  • 服用しない場合      0.9分
  • プラセボ(偽薬)を服用   1.4分
  • ダポキセチン30mg服用  2.1分
  • ダポキセチン60mg服用  2.5分

ダポキセチンは性行為の1時間前に服用し、早漏抑制効果は2~3時間持続します。

ダポキセチン成分はお酒と相性が良くないと効きましたが?

はい、早漏治療のダポキセチンはお酒のアルコールが及ぼす副作用を強めるリスクがありますので、お酒は控えめにするかお酒の影響が覚めてから服用するのが良いでしょう。

ダポキセチンの影響で、お酒の酔い、ふらつき、頭痛、吐き気などが強まることがあります。

早漏に効果のあるトレーニングは?

早漏に効果があると言われているトレーニングには、古典的なものではスクイーズ法とセマンズ法があります。どちらもアメリカで開発された方法で、パートナーの協力が必要です。

<スクイーズ法>
女性に指でペニスを刺激してもらって、射精しそうになったら亀頭の根元(いわゆる裏筋のところ)を上下からを指で強く圧迫してもらい、射精をこらえます。これを数回くり返してからペニスを膣に挿入し、射精しそうになったら抜いて同じように指で圧迫します。これを数回繰り返して最後に射精します。

<セマンズ法>
性行為中に射精しそうになったら、ペニスを抜かずに動きを止めることで射精をこらえ、その感覚がおさまったら動きを再開します。これをくり返して4回目に射精します。側臥位で行なうと動きをコントロールしやすいと言われています。

スクイーズ法はパートナーがいなくてもマスターベーションのときに1人で行なうこともできます。それをとくに<スタート&ストップ法>といいます。

このほか早漏に効果があると言われているエクササイズに<骨盤底筋体操>があります。これは肛門を引き締める運動をくり返す体操で、女性の場合は尿失禁を改善する目的でも行われます。

以上のトレーニングが早漏に対してどの程度効果があるのかという医学的なエビデンスはありません。ここではよく早漏トレーニングとして挙げられているものをご紹介したにとどまります。